神奈川でマンション改修をした時の話

神奈川に密着して実績が豊富で信頼できる業者を選ぶ

難航した理由は候補が多く、各社に得手不得手が見受けられたことが大きいです。
また、全てを任せるのが難しく、複数の業者にマンション改修作業が分散してしまうのもネックでした。
分業で担当するのは問題ありませんが、業者間の意思疎通や技術差がマンション住民の間で懸念されました。
最終候補に残ったのは、神奈川に密着して長年実績を積み重ね続けている、比較的大きな会社です。
顧客の側からも他の業者からも信頼されていて、連携した工事が進められる候補を絞り込みました。
いくつかの候補の中から1つを選ばなければいけないので、実は最後の最後が一番大変でした。

マンション改修工事がまもなく始まるので置き場が無いため リビングにバイク2台(笑) めっちゃ狭くなった!💦 pic.twitter.com/xMDCeYXPvM

— K∀ZZ (@k8030) 2019年4月3日
住民同士で話し合い、誰が責任を取るのかなど決める必要もあったことから、誰もが納得する調整に時間が掛かりました。
決め手となったのはコミュニケーションで、業者側から物件や工事の希望に関する情報が求められたり、提案が行われる点が評価されました。
細かいことでも漏らさず情報伝達を行い、情報共有して改修を想像の段階から現実へと導く、その姿勢が住民の信頼を獲得しています。
マンション工事を任せる業者が見つかったことで、ようやく計画は大きく前進しました。
次は何処まで手を加えるかですが、構造の耐久性に関する部分を優先的に、今後傷みが進む箇所を改修することにしました。

神奈川で老朽化したマンションの改修を経験 | 神奈川に密着して実績が豊富で信頼できる業者を選ぶ | 工期が期間短縮できるよう工夫され仕上がりも皆満足