神奈川でマンション改修をした時の話

工期が期間短縮できるよう工夫され仕上がりも皆満足

外観はひび割れや塗装の色褪せが激しく、このままでは防水性が低下して価値も下がると言われました。
戸建ての住宅でも外装の塗替えは珍しくないので、紫外線が当たる外側は傷みやすく、定期的な修繕は欠かせないのだと納得しました。
マンションは壁の面積が広いので、コストもそうですが作業期間の長さも気になります。
住民は工事中も日常生活を送ることになりますから、なるべく支障が出ないように配慮しつつ、速やかに終わらせる必要があります。
業者は、工事の範囲を分割しながらも、同時に並行して作業を進めることで早く終わらせる提案をしました。
工期を短縮する比較的新しい技術も採用することで、大幅な期間短縮が実現するとのことでした。
これは一見するとコストが大きくなりそうな印象ですが、実際は期間が短くなることでコストも圧縮されています。
住民説明会を経ていよいよ工事に入り、終わってみればあっという間で、仕上がりは皆満足しているところです。
工事中は作業員と遭遇することが度々ありましたが、目が合えば挨拶をしますし何気ない会話をすることもあったので、親しみを感じたり好感が持てました。

神奈川で老朽化したマンションの改修を経験 | 神奈川に密着して実績が豊富で信頼できる業者を選ぶ | 工期が期間短縮できるよう工夫され仕上がりも皆満足

マンション・改修・神奈川マンション改修|神奈川